加齢による歯の黄ばみ

加齢による歯の黄ばみ

加齢による歯の黄ばみ

年齢を重ねると自然と歯の色が黄ばんでくることを知っていますか?
これには個人差もあるのですが多くの人の歯は自然と黄色くなっていくのです。
この加齢による歯の黄ばみにはいろいろな原因があります。例えば歯の内部には
象牙質という組織があるのですがこの象牙質が人間の肌と同じように
新陳代謝を繰り返すことで黄色い色に少しずつ変化していくのです。
この象牙質には血管や神経が通っています。なので神経を取ったり
神経が死んでしまっていたりするとこの象牙質の変色は避けられません。
その他にも子供の頃の生活が影響してくることがあります。0歳から7歳
ぐらいの間でテトラサイクリンという抗生剤を飲んでいたことがある人は
象牙質に色素が付いてしまったりすることが確認されているそうです。
フッ素の過剰摂取によっても似たような現象が起こると言われています。
このように例え毎日のように歯磨きをしていたとしても歯が黄ばんで
しまう原因というのは他の部分にもあるので注意が必要ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ