不眠症について

不眠症について

不眠症について

不眠症の治療として睡眠薬が用いられるケースがあります。一概に不眠症になったら
睡眠薬というわけでもなく、睡眠薬を飲むと副作用があるからダメだということでも
ありません。その状況によって使ったり使わなかったりという判断が大事なのです。
例えばよく言われているうつ病と併発して起こるような不眠症の場合は睡眠薬に
頼ると症状が悪化してしまうと言われています。確かに睡眠薬を使用すれば簡単に
眠りにつくことができますが頼りすぎるのはやっぱり良くないなと思います。
安易に手を出すのではなくまずは自分の不眠症の原因を追究したほうがいいでしょう。
ちなみにどのような状態だと不眠症なのかという話も少ししておきましょう。
ちょっと曖昧ではありますが2、3日眠れなかったからといって不眠症だと
決めつけるのは早計です。不眠症というのは入眠障害・中途覚醒・熟眠障害。早期覚醒など
いくつかのタイプに分けることができますがこのような症状が長期に渡って続き、
昼間の活動に支障を与えるようになると不眠症だと言われています。
この長期という部分が実に曖昧ですよね。確実なことは言えませんが少なくとも
2週間程度は続いた状態ぐらいを目安にするといいのではないでしょうか?
寝付きを良くする方法


ホーム RSS購読 サイトマップ