買取りと下取りの違い

買取りと下取りの違い

買取りと下取りの違い

よく車を売却しようと思った時に買取りと下取りという言葉を耳にすることが
多いと思います。どちらも車を手放すことに変わりはないのですが違いがあるので
あらかじめ理解しておくといいでしょう。まず下取りというのは新車を購入する時に
今現在乗っている車をディーラーに買い取ってもらうことをいいます。そして
その買取り金額に応じて新車の購入代金がひかれるということになります。
下取りをしてもらう時のメリットとしては古い車の場合でも基準を満たして
いれば一定の金額で買取りをしてもらうことができたり新車と同時に引き渡しが
できるので代車を用意したり乗ったりする必要がないというところです。
一方の買取りは中古車専門の買取り店に査定をしてもらって買い取ってもらう
ことをいいます。この場合は社外のパーツを付けている場合に査定額がアップ
しやすかったりなど下取りの時よちも細かいところまで査定してもらうことが
できます。では下取りと買取りではどちらが高く車を手放すことができるのかと
いうとこれは今現在乗っている車の状況によっても変わったくるので一概に
どちらがいいとは言えません。
車検切れ 車買取り


ホーム RSS購読 サイトマップ