歯の着色汚れはステインが原因

歯の着色汚れはステインが原因

歯の着色汚れはステインが原因

歯の着色汚れの原因には表面に付着したステインが原因と言われています。
日常生活の中で飲食をすることでこのステインは表面に少しずつ溜まって
いくのですが歯を磨くのを忘れたりするとこの付着はどんどん多くなり
歯が黄色く見えてしまうということですね。タバコのヤニも同じですね。
一度タバコを吸っただけで歯が黄色く変色することはありませんがずっと
吸い続けているうちに歯の表面にヤニが付着していきます。そしてどんどん
溜まっていくと黄色というよりも茶色い色になっていきます。こうなると
付着というよりは沈着と言えるでしょう。しかし、このように歯の表面に
付いた汚れを落とすことで歯を白くすることは難しいことではありません。
一番簡単で早くて費用が掛からないのは歯医者に行ってクリーニングを
することです。保険が効くので費用もそんなにかかりませんし、施術の
時間も短いものです。それでいてしっかりと汚れを落としてくれるので
歯が持っている本来の白さを取り戻すことができるでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ